コンビニエンスストア向けスマホ版会員管理プログラムを運営するYo-renが約1億円の資金調達を実施

2016年11月9日

中国におけるデジタルマーケティングサービスを提供するNew Yoren Limited(本社:香港ワンチャイ、代表取締役 金田修、以下Yo-ren)は、株式会社ローソン(本社:東京都品川区)を割当先とする第三者割当増資により、総額約90万米ドルの資金調達を実施致しました。今回の資金調達でYo-renは、今後成長が期待される中国におけるコンビニエンスストアにおける会員プログラムの一層の進化を進めるべく、エンジニアおよびデータアナリスト人材の拡充及び経営体制の強化を図ります。今回の調達に伴い、経営体制の強化を目的として、株式会社ローソン 理事執行役員兼上海華聯羅森有限公司総経理である張晟氏を社外取締役に新たに迎え入れる予定です。株式会社ローソンとは、2014年より共同で会員プログラムの開発を行っており、既に華東、北京、大連の各地域に加えて、武漢において中百超市が運営するローソン店舗においてもプログラムを導入済みです。今後とも中国におけるコンビニエンスストア会員プログラムの強化に向けて協力して開発を推進致します。また将来的には中国以外のローソン進出国での展開や会員プログラムとの連携を模索してまいります。

 

Yo-renは積極的にパートナーシップを拡充して参ります。今回資本提携した株式会社ローソンに加え、その他小売チェーンとも会員プログラムを共同運営しており、既に合計会員数は60万人に達しております。 更に中国における決済・POS関連の先行企業各社とも共同開発やポイントプログラムにおける協力関係を模索するなど、各パートナーと連携しつつ事業開発を進めております。なお、中国小売業界においては積極的なPR活動と関係各社との情報交換を進めており、先週蘇州にて開催された第18回中国小売業博覧会(2016年11月3日~5日)においては、大幅に機能追加した新しいコンビニ会員プログラムのデモンストレーションを行い、好評を博しました。

中国におけるスマホ版コンビニエンスストア会員プログラムとは

Yo-renは、コンビニエンスストア業態の将来性に注目し、日本由来の都市生活の利便性向上に寄与することを目指しています。中国においては、コンビニエンスストア業態はこれまでショッピングモールやハイパーマーケット、スーパーマーケット事業等と比較して、規模に劣り、収益性においても大きく遅れてきたため、有力なスマートフォンサービス、会員サービスが不在の状態です。しかしながら、近年の都市への人口集積と都市公共交通の整備に伴い、コンビニエンスストア業態の出店は加速し、中国チェーンストア協会によれば業態全体として二桁成長が続き、昨年も主要コンビニの売上成長率は15.2%を記録しております。

Yo-renは、消費財メーカー間の競争環境が厳しいこと、アプリまたはWechat上のサービスとして十分機能するほどコンビニエンスストアの平均利用頻度が高いことに着目し、正確なデータを獲得しつつ消費者にリーチしたいサプライヤーの資金を活用して、消費者にメリットを提供するアプリサービスを開発しております。このサービスによりコンビニエンスストアの来店頻度向上およびアプリ上の追加的な収入機会を提供することで、パートナー企業の出店加速に寄与してまいります。

【会社概要】

正式名称:New Yoren Limited

代 表:代表取締役 金田 修

中国子会社設立:2012 年 4 月

資本金:約208万米ドル(約21,600万円)

本社所在地:Suite 1005, 10/F, Tai Yip Building, 141 Thomson Road, Wan Chai, Hong Kong

中国子会社所在地:上海市曹楊路619号近铁雲中心6E

URL:http://yo-ren.com/jp

メールアドレス:pr@yo-ren.com

事業内容:デジタルマーケティング事業全般

 

<本件に関するお問合せ先>

New Yoren Limited

代表取締役 金田修

メールアドレス: pr@yo-ren.com