広東イオン会員APP主力個性化のサービスを普及

ウォルマート、ヴァンガード、RTマートなどの伝統的なスーパー発力電商後、広東イオンも初の試みの「インターネット+」、その会員APPは2015年9月8日にリリースされました。理解によると、上記メーカーと超ブランドの違いは、そのAPPはただ会員に対して異なった商品クーポンやキャンペーン商品情報をプッシュしました。業界内では、伝統商超力オンラインは、自身のブランド力を最大化、顧客のために個性化案を提供、精巧なマーケティングを実現。

広東イオン運営総経理王戬恒は、このAPPと伝統の通販形式の違いは主に会員のために個性化、正確なサービスを提供することだと述べました。APP大データ分析に基づき、毎回会員に約60種の販売促進案を送り、その中の10%-20%はショッピング目的のニーズが異なります。そのため、広東イオンは従来のすべての会員に統一の販売促進案を提供することを、お客様の購入状況によって異なった販売促進案を送ることに変えました。

1996年初店舗開業以来、広東イオンは50万会員おり、会員のお店での消費頻度は非会員の約1.5倍、消費額貢献率は40 %に達しました。2015年7月21日までに、同APPは天河城、東方宝泰、高徳置地店舗にて試行され、1.7万会員がダウンロードし使用しており、売上高は1%増加しました。

その前に、ヴァンガード、ウォルマート、RTマートなど大型伝統スーパーが電商に足を踏み入れました。ウォルマートはO2Oサービスプラットフォーム「速感」を発表し、100%ホールディングス1号店、加速電商業務の発展;ヴァンガードはショッピングサイト「e万家」を開始し、正式に電商市場に加入しました。RTマートは資金を拠出しショッピングサイト「飛牛網」を開始し全国展開を続けています。百佳构建のO2Oスーパーもすでに生産ラインに乗りました。

業界のある専門家が「インターネットは価格が透明でありすぐ購入できるなどの利点があります。伝統的な小売業は電商プラットフォームを作りました。特に、大衆の商品では大型電商と盲目的な価格競争はよくありませんし、サービスの優位性を十分に発揮するべきであり、相違化競争を展開するべきである。」と指し示しました。

広州楚睿商業会社の会長黄文杰は、伝統的な小売業者は自身のブランドの優位性を利用すべきであり、お客様のために注文サービスを行い、差別化、個性化経営を行うべきだと考えています。「例えばイオンは自分で安定した会員のグループがあり、また6割を超える自社ブランドの商品を利用してブランドの優位性を顧客のためにカスタマイズ注文案を提供し、商品の価格及び品質共に保障があります。」

转载自金羊网
原文链接

京ICP备14035603号-2
北京游仁堂商贸有限公司