シ~そっとあなたにローソンのCRM小さい秘密を見せます

科学技術創業の新しいメディアダチョウFM紹介【游仁堂】
游仁堂はコンビニエンスストアの小売モデル知能の一体化から始め、コンビニエンスストアにオンライン会員CRMシステムを提供している会社です。一方、メーカー制品が市場でのフィードバックを通じて、一方では販売データコンビニ収益成長刺激。
彼らは傘下のローソン点々APP、つまりローソンと提携し、消費者APPにて会员登録すると累計点数交換やメーカーの贈り物、未来更には世代の速達で送ること、洗濯等のサービスが得られます。

20160131-01

訳)「万能な様子を見て、いったいどうしてこのプロジェクトは生まれたのでしょうか?」

小売業の日々は楽ではないが、市場の先行きはとても良い

電商の衝撃のもとで、小売業の日々は楽ではない。人工と場所のコスト費用が上がると、店のコストが高くなり、単一の販売の収益モードでは、現在コンビニエンスストアは高利潤、低価格。商品の高度同質化、ユーザーに対して粘度の低い。

市場の預金判定について、コンビニエンスストアは単品売上高の増減で反映しています。消費者の行動の預金判定、価格の動向に対する売上の影響、購入行動は優待価格か好きな製品に対して、二次購買率はどのようにもフィードバックしていません。

コンビニ文化が発達した日本を見てみると、コンビニエンスストアは140万円/平方メートルの数値が日本の各業態のトップです。毎日のPOSデータ分析を通じて、分析データに基づき合理的な注文を行い、毎日新しいベストセラー商品と市場に受け入れられる新商品を出しています。売れ殘り商品を入れ換え、棚から商品と在庫を調整し、最終売り上げを上げます。また、異なるビジネス地区のショッピング層の消費習慣によって、各店舗の商品は大きく異なることがあります。

データから対比すると、毎百万人がもつコンビニ店舗数は、日本は388軒、台湾地区は425軒、中国の都市は平均54軒です。内地市場は27万軒以上のコンビニエンスストアがまだ収容できます。

このように広大で不完全な市場は利益モードの多様化、サプライチェーンの互いに交流するのはとりわけ重要です。

方法は私はすべて知っているが問題はどのように傑出するのか?」

便利店会员制,罗森点点CRM新模式

游仁堂の遊び方を三つに分けると:構築CRMシステム、サプライヤーEPRシステム及び付加価値サービスの提供。

CRMシステム:コンビニエンスストアはCRMを使い顧客間の関係を管理し、他のプラットフォームの外付けを通じて、累計点数互換などのサービス、新たな収益点の増加(例えば日本のコンビニは自分の販売ネットワークを利用してオンラインショップにて物流サービス提供ができる);游仁堂データ分析によると、大衆から受け入れられる商品は何かを理解でき、ユーザーの行為は販売促進活動に基づいているのかそれとも自分が好きな商品なのか、仕入れを調整することができます。

EPRシステム:サプライヤーの調査では、アンケートやイベント特典があります。例えば新しく増えたユーザーから来た新品発売のユーザーか、過去フレーバー製品のユーザーの転換;コンビニエンスストアの普及を通じてユーザーの歓迎を受けるかどうかを見て新製品の発売をします。精度の高い広告を流したり、小分け市場、精巧な群衆の位置づけ等を含みます。

付加価値サービス:会員システムを頼りに、コンビニエンスストアとユーザー間にたくさんの交差を作ります。例えばお弁当の予約、速達を代理受け取り、代わりに洗濯をするなど。ユーザーの来店頻度を増やすことによってユーザー間の粘度を増加させます。

このモデルを短期的に言うと、サプライヤーの協力によって十分な利益を生むことができます。長期的に言うと、データ分析を通じて、コンビニエンスストアにユーザーの行為を掌握することができます。

市場を広める過程の中で、游仁堂は同じく日本から来たローソンとの提携を通じ、ローソン点々APPを開発しました。広東市場もイオンスーパーと提携し広東イオンAPPを世に出しました。市場がカバーする店舗数は100軒、累計登録ユーザーは数十万人を超えます。

ローソン点々はユーザーがコンビニエンスストアに来た回数を記録でき、特定の商品は一定量の割引を提供でき、便利に使えます。決算時にユーザーはデバイス上に生成される会員バーコードをスキャンすれば特典が得られ、ウィーチャットとアリペイの支払い方式通じさせました。また、近くにあるローソンスーパーを見ることもできます。

640

「チームはすごく見える」

日本の背景:マッキンゼーの最も若いパートナー

游仁堂の収益モデルについては、主に2つの方向、現在の段階では、サプライヤーが情報を供給してから一定のリベートを得る、未来ユーザーが比較的大きくなった後ではユーザーの購入行為とデータの分析はとても価値があります。

現在、市場では、同じタイプの遊び方の会社は今のところないが、会員システムを開発している会社は少なくありません。主に高い消費、高収益の業界です。游仁堂はサプライヤーの資源やコンビニエンスストアのルート、そしてデータ分析能力、EPR普及能力は彼らの比較的強い壁です。

未来の発展計画は、游仁堂は2016年末にユーザー数千万レベルに達することを望んでいます。簡略化操作した論理、コンビニエンスストアはデータ分析の入り口として、市場調査を行い、多くのコンビニは信用して加入することができます。

游仁堂創設者は日本からの来た金田修、彼の人生経験はとても珍しく、羅徹斯特大学商学院管理学の修士を取得後、日本に戻り財務省で勤めました。その後マッキンゼーに入社し、2007年、最も若いパートナーになりました。

マッキンゼーを離れ、金田さんは游仁堂を設立。今のところ游仁堂には全部で30人以上のメンバーがいます。主要制作チームのCOO吴陪宏は早稲田大学を卒業し、IBMに入社、現在はCRM開発を担当しています。CTO庄君渊は技術のレベルがとても高いです。

转自鸵鸟电台

 

京ICP备14035603号-2
北京游仁堂商贸有限公司